【飛散防止紫外線カットフィルム(SN50)東京都世田谷区】

東京都世田谷区で飛散防止紫外線カットフィルム(SN50)を施工しました。

マンションでの貼り替えの現場になります。

マンションを購入時からフィルムが貼ってありましたが、10年以上経過しているのでかなり劣化していました。ひび割れやフィルム面ののりが浮いている状態でかなり景観を損なっていました。

ご主人も以前から気にしていてフィルムの貼り替えの会社を探して当社にご依頼を頂きました。
 

 まずはフィルムの剥がしです。10年以上たっているので簡単には剥がれません。加湿養生をしてすこし柔らかくします。それからフィルムは幅約10センチぐらいの短冊にして剥がしていきます。
剥がし終わったらフィルムを貼っていきます。

今回施工したものは飛散防止紫外線カット(SN50)を施工しました。

以前貼ってあったのも飛散防止フィルムとの事でしたので同じものを施工しました。

飛散防止フィルムは地震、台風などの災害対策になります。フィルムは紫外線を99パーセントカットします。日焼け対策にもなります。

お客様からは貼ってあるかわからないと驚かれていました。劣化していたので外の景色が見ずらかったのがきれいに見える様になりました。追加分の見積書をお送りしたら、毎日外をながめるのが楽しくなったとお喜びの声を頂きました。

フォローする

     

筆者:澤田 岳典(さわだ たけのり)

窓ガラスフィルム施工。
1977年、千葉県野田市(旧関宿町)に生まれる。
2001年、東京国際大学を卒業
設備メーカー、ビール会社、保険業界を経て
2016年に窓ガラスフィルム施工「WORKS ZERO」を起業。
2020年に建築ガラス用フィルム施工技能士1級を取得。
アメリカ大使館、防衛庁、宇都宮大学、筑波大学等の公共施設をはじめ
オフィス、工場、個人宅を多々施工実績あり今では年間約150件の施工実績。
趣味は旅行、ドライブ、歴史好き、はじめたばかりのゴルフ。

窓ガラスフィルム施工
TOP