紫外線をカットする素材|屋内の対策なら紫外線カットフィルムがおすすめ

紫外線をカットする素材|屋内の対策なら紫外線カットフィルムがおすすめ

紫外線対策として、長袖の服や帽子、サングラスなどで対策を行っている人は多いです。

しかし、それぞれの素材は、紫外線対策に向いている素材でしょうか。

もちろん紫外線対策としての効果がゼロではありませんが、素材によっては紫外線対策として弱いです。

そこで今回は、紫外線カットに強い効果のある素材について解説します。

紫外線対策を行いたい人は、服の素材などから選んでみてください。

紫外線カット製品は2種類

紫外線カット製品は2種類

世の中には「紫外線カット」と呼ばれる製品がいくつもあります。

しかし、紫外線カットと一重にいっても、2種類あるのです。

  • 紫外線カット加工製品
  • 紫外線カット素材製品

以下では、それぞれの違いについて解説します。

紫外線対策への影響も異なるので、グッズ選びの参考にしてください。

紫外線カット加工製品

紫外線カット加工製品は、名前のとおり、紫外線をカットできるように加工した製品です。

加工の方法は、以下の2つ。

  • 染料と一緒に紫外線吸収剤を布になじませる
  • 製品となったものに後から吹きつけて加工

ただし、後から加工する製品に関しては、洗濯を繰り返すことで、紫外線カットの効果が薄れていくと言われています。

紫外線カット加工製品の場合であれば、加工前になじませている物を選ぶようにしましょう。

紫外線カット素材製品

紫外線カット素材製品は、加工製品とは全くの別物です。

紫外線カット加工製品は、布+α(紫外線カット剤)で紫外線を防ぎます。

対して紫外線カット素材製品は、紫外線カット効果のある素材を練りこんでいるものです。

練りこまれる素材としては、主にポリエステルやレーヨンなど。

加工製品とは異なり、繰り返し洗濯しても、紫外線カット効果は落ちません。

紫外線をカットする天然素材一覧

紫外線をカットする天然素材一覧

紫外線をカットする素材の中には、加工せずとも、自然なままで紫外線を防いでくれるものもあります。

  • シルク
  • コットン
  • ヘンプ

以下では、それぞれの特徴や、どのように紫外線をカットするのかを解説します。

洋服を選ぶ際、素材を見て選ぶ参考にしてください。

シルク

シルクは、紫外線を吸収する効果があります。

これは、シルクに含まれる「セリシン」という成分の働きです。

実際に、シルクを日光の下で干すと、セシリンの働きにより紫外線を吸収して、黄色く変色してしまいます。

また、シルクの繊維は、人の肌と同じタンパク質でできており、吸湿性と放湿性は綿の約1.5倍。

通気性にも優れているので、夏場の素材として、おすすめです。

コットン

コットンの紫外線カット率は、68%と言われています。

とくに茶色いコットンのような色の濃いコットン素材は、さらに紫外線カット効果が高いと言われているので、コットン素材を選ぶ際は色の濃いものを選ぶと良いでしょう。

また、コットンは繊維が細く、吸水性・発散性に優れています。

水分と熱を同時に発散し、肌を快適に守ってくれる素材です。

麻の紫外線カット率は、56%と言われています。

他の素材と比べて紫外線カット率は低いため、日焼け止めを併用すると良いでしょう。

ただし、麻は熱が伝わりやすいため、暑い日には体温を吸収して放熱してくれます。

さらに、吸湿性・発散性にも優れているので、夏の暑い日にはぴったりの素材です。

ヘンプ

ヘンプは、麻の一種で、紫外線カット率は90%以上と言われています。

そのため、ヘンプ素材の洋服であれば、日焼け止めを塗る必要もありません。

また、麻と同じく、吸収性・発散性に優れているのも特徴。

雑菌の繁殖や臭いを防ぐ効果もあるので、夏場に適している素材と言えるでしょう。

紫外線をカットできる効果的な素材

紫外線をカットできる効果的な素材

紫外線をカットできる効果的な素材は、ポリエステルです。

そのため、紫外線カット加工製品の多くには、ポリエステルが練りこまれています。

基本的には、目の細かい素材の方が紫外線を通しにくいと言われており、順番で言うと

  1. ポリエステル
  2. シルク
  3. コットン

の順です。

また、紫外線をカットするには濃い色で厚みのある生地が良いとされています。

紫外線対策は素材選びから

紫外線対策は素材選びから

紫外線対策グッズは多くありますが、素材から選べば、細かい紫外線対策を行わなくても、ある程度紫外線をカットできます。

とくに紫外線の強い夏場は、帽子にサングラスに日焼け止めと、多くの対策を行わなければいけないので、服の素材だけで紫外線対策できるのは、大きなメリットでしょう。

ただし、服では隠れない部分に関しては日焼け止めなどで対策する必要があります。

ぜひ今年の夏は、服の素材選びから、紫外線カット対策を行ってみてください。

紫外線カットフィルムで屋内の紫外線対策

紫外線カットフィルムで屋内の紫外線対策

紫外線対策として、洋服の素材から考えるのも良いですが、素材から服を考えると、お洒落を楽しみにくくなってしまいます。

また、屋外では良くても、屋内にいるときまで、素材を考えた洋服選びをしている人は少ないのではないでしょうか。

しかし、紫外線は屋内にいても窓を通りぬけて身体に影響を与えます。

そのため、屋内でも紫外線対策が必要なのです。

弊社では、紫外線カットフィルムの施工を一貫して行っています。

屋内の紫外線が気になる人は、ぜひお気軽にご相談ください。

弊社の紫外線カットフィルムは、有害な紫外線を99%以上カットするので、紫外線から肌や家具を守ります。

サポート対象エリアについてはこちら

     

筆者:澤田 岳典(さわだ たけのり)

窓ガラスフィルム施工。
1977年、千葉県野田市(旧関宿町)に生まれる。
2001年、東京国際大学を卒業
設備メーカー、ビール会社、保険業界を経て
2016年に窓ガラスフィルム施工「WORKS ZERO」を起業。
2020年に建築ガラス用フィルム施工技能士1級を取得。
アメリカ大使館、防衛庁、宇都宮大学、筑波大学等の公共施設をはじめ
オフィス、工場、個人宅を多々施工実績あり今では年間約150件の施工実績。
趣味は旅行、ドライブ、歴史好き、はじめたばかりのゴルフ。

窓ガラスフィルム施工
TOP