暑さ対策のシルバーフィルムの施工(ゴルフ場)

暑さ対策のシルバーフィルムの施工(ゴルフ場)

千葉県成田市で遮熱フィルムを施工しました。
暑いとのお問合せでした。ゴルフ場のラウンジでガラスの高さ6メートル幅が1.6メートルが3枚施工しました。過去最高に大きいガラスです。フィルムには規格幅がありますので規格外でしたので左右のジョイント貼りをします。
一番左側は普段はテレビが置いてあります。光で見ずらいとの事で一番濃いシルバーフィルム(RSP15)を施工しました。真ん中と右側は2段階遮熱効果を下げた遮熱フィルム(RS50)をせこうしました。
このミラータイプのフィルム(RSP15)でしたら夏場でしたら窓際の温度を約10度以上軽減できます。注意点としましては外から見た時に鏡になってします。夜になるとそれが逆転してしまいます。
ゴルフ場で夜は営業をしていないので暑さカット重視で決定しました。
暑さもカットしますが紫外線も99パーセントカットします。さらに色が濃いフィルムですので目隠し効果もあります。特にテレビの前に机を置いてありますが紫外線で劣化が激しいのでフィルムを施工する要因にもなりました。
ただフィルムを施工するだけではなくお客さんの求めているものをヒアリングして最適なフィルムを提案して快適な空間にご協力出来て何よりです。

フォローする

     

筆者:澤田 岳典(さわだ たけのり)

窓ガラスフィルム施工。
1977年、千葉県野田市(旧関宿町)に生まれる。
2001年、東京国際大学を卒業
設備メーカー、ビール会社、保険業界を経て
2016年に窓ガラスフィルム施工「WORKS ZERO」を起業。
2020年に建築ガラス用フィルム施工技能士1級を取得。
アメリカ大使館、防衛庁、宇都宮大学、筑波大学等の公共施設をはじめ
オフィス、工場、個人宅を多々施工実績あり今では年間約150件の施工実績。
趣味は旅行、ドライブ、歴史好き、はじめたばかりのゴルフ。

窓ガラスフィルム施工
TOP