紫外線カットグッズ一覧|屋内の紫外線対策なら紫外線カットフィルムがおすすめ

紫外線カットグッズ一覧|屋内の紫外線対策なら紫外線カットフィルムがおすすめ

紫外線による肌への刺激に対して、不安を感じていませんか?

紫外線はいつでもどこでも降り注いでいるため、対策を万全に行わなければいけません。

そこで今回は、紫外線カットグッズを紹介します。

屋外から屋内まで、紫外線による影響を受けたくない人は、ぜひ参考にしてください。

屋外での紫外線カットグッズ

屋外での紫外線カットグッズ

まずは屋外での紫外線カットグッズを紹介します。

屋外の紫外線対策として、よく使っている物もあるかもしれません。

  • 日焼け止め
  • 帽子
  • 日傘
  • サングラス

以下では、どのようなものが紫外線対策に適しているかを解説します。

日焼け止め

紫外線対策と言えば、やはり日焼け止めです。

とくに紫外線の強い夏場は、多くの人が利用しているでしょう。

ただし、日焼け止めにも種類があります。

具体的には「SPF」や「PA」と記載されているものを選んでくさい。

  • SPF……Sun Protection Factorの略語。UV-Bの防止効果を示した数値。
  • PA……Protection grade of UVAの略語。UV-Aの防止効果を示した値。

しかし、数値が高くなればなるほど肌への負担が大きいので、日常生活であれば「SPF30PA++」程度が良いでしょう。

帽子

帽子は、一般的な物でも紫外線対策になります。

主に髪や顔の紫外線対策です。

また、UVカット加工の防止もあるので、紫外線対策を強めたい人は、UVカット加工の防止を選びましょう。

日傘

日傘は、基本的にどんなものでも紫外線を遮ってくれます。

効果の高いものを選ぶなら「遮光100%」の記載がある日傘を選ぶと良いです。

遮光100%は、名前のとおり、紫外線や赤外線などを含む、すべての光をカットしてくれます。

また、紫外線対策として色にこだわる人もいますが、日傘の色は紫外線対策に関係ありません。

サングラス

サングラスは、紫外線による目へのダメージを軽減してくれます。

目に紫外線が入ると、肌のシミやそばかすの要因になってしまうため、注意しなければいけません。

また、サングラスも他の商品同様「紫外線カット率〇%」と記載されているので、記載されている数値を見て選ぶと良いでしょう。

ちなみに、欧米人がよくサングラスをかけているのは、日本人と比べて紫外線に弱いためと言われています。

屋内の紫外線カットグッズ

屋内の紫外線カットグッズ

紫外線は、屋内でも入り込みます。

紫外線は、窓を通って入ってくるため、屋内でも安全ではありません。

以下では、屋内の紫外線カットグッズを紹介します。

  • カーテン
  • 紫外線カットガラス
  • 紫外線カットフィルム

また、屋内に入り込む紫外線は、家具にも影響を与えます。

家具の日焼けや劣化を抑える方法は、以下の記事で書いているので、参考にしてください。

紫外線による家具の日焼けを守る方法|紫外線カットフィルムなら暗くならない

カーテン

窓の紫外線対策と言えば、一般的なのはカーテンではないでしょうか。

しかし、一般的なカーテンでは、紫外線を完全に遮断できません。

他のグッズと同様、カーテンにも紫外線カットカーテンがあります。

ただ、紫外線だけではなく光もカットしてしまうため、部屋全体が若干暗くなってしまいます。

紫外線カットガラス

戸建て住宅であれば、紫外線カットガラスに取り換える方法もあります。

紫外線カットガラスは、合わせガラスになっており、中間膜に紫外線の吸収剤が入っています。

あくまでガラスなので、景観も損なわず、部屋の明るさにも影響しません。

ただし、窓ガラスごと変えるため、費用は高額です。

紫外線カットフィルム

紫外線カットフィルムは、窓ガラスにフィルムを貼って紫外線対策を行うグッズです。

窓ガラスにフィルムを貼るだけなので、景観も損なわず、太陽の光も取り込めます。

効果としては、紫外線カットガラスと同じですが、費用はフィルムの方が安いです。

ただし、窓ガラスカットフィルムを貼る際は、業者への依頼をおすすめします。

市販でも購入できますが、自身で貼ろうとすると、気泡が入ったり余分な隙間ができてしまいます。

紫外線対策グッズで肌への影響を最小限に

紫外線対策グッズで肌への影響を最小限に

紫外線による肌への影響に不安を感じているなら、紫外線対策グッズへの理解を深めた上で、グッズを使いましょう。

帽子や日傘は一般的ですが、紫外線対策に特化していない物もあります。

また、紫外線は、屋外だけではなく、屋内にも入ってくるものです。

そのため、屋内の紫外線対策も重要。

屋内に入り込む紫外線は、肌への影響はもちろん、家具にも影響を与えてしまいます。

カーテンやガラス、紫外線カットフィルムなどで、対策をしておきましょう。

弊社では、紫外線カットフィルムの施工を一貫して行っています。

弊社の紫外線カットフィルムは、有害な紫外線を99%以上カットするので、紫外線から肌や家具を守ります。

屋内の紫外線が気になる人は、ぜひお気軽にご相談ください。

可視光線透過率が高いフィルムも用意しておりますので、窓からの景観を損ないたくないご家庭にもおすすめです。

サポート対象エリアについてはこちら

フォローする

     

筆者:澤田 岳典(さわだ たけのり)

窓ガラスフィルム施工。
1977年、千葉県野田市(旧関宿町)に生まれる。
2001年、東京国際大学を卒業
設備メーカー、ビール会社、保険業界を経て
2016年に窓ガラスフィルム施工「WORKS ZERO」を起業。
2020年に建築ガラス用フィルム施工技能士1級を取得。
アメリカ大使館、防衛庁、宇都宮大学、筑波大学等の公共施設をはじめ
オフィス、工場、個人宅を多々施工実績あり今では年間約150件の施工実績。
趣味は旅行、ドライブ、歴史好き、はじめたばかりのゴルフ。

窓ガラスフィルム施工
TOP