窓ガラスフィルム施工で中古住宅をZEH住宅へ

近年の住宅において「ZEH」という言葉を目にしたことはないでしょうか?

ZEHとは「ゼロエネルギー住宅」を指します。

日本では、2014年に「エネルギー基本計画」にて「2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅のZEHを目指す」と定められました。

しかし、以下のような人も多いのではないでしょうか。

  • ZEHについてよくわからない
  • 新築でないとZEH化できないのではないか?
  • 中古住宅や築年数の古い住宅はZEH化できるのか?

そこで今回は、ZEHの解説と合わせて、中古住宅のZEH化についても解説します。

ZEHとは

ZEHとは

ZEHとは「Net Zero Energy Housu」の略で、主に「高断熱」「省エネ」「創エネ」を目指す住宅計画です。

資源エネルギー庁では、以下のように定義されています。

外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅

引用元:ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)に関する情報公開について|経済産業省 資源エネルギー庁

要約すると、消費するエネルギーを減らし創るエネルギーを増やして、消費エネルギーをゼロ以下にするといった取り組みです。

とくに重要なポイントである3つを以下で解説します。

高断熱

高断熱は、快適な家作りを目指す住宅設計です。

夏は涼しく冬は温かい住宅にすることで、エネルギーの効率化を図ります。

住宅で消費するエネルギーは、大きく分けて以下の5つです。

  • 暖房
  • 冷房
  • 換気
  • 照明
  • 給湯

とくにエネルギー消費率が高いのは、暖房設備です。

暖房設備のエネルギー消費を抑えるためには、外の熱が伝わる壁や床、断熱材を入れた屋根などを使用する方法があります。

省エネ

省エネとは「省エネルギー」の略です。

資源エネルギー庁では、以下のように定義されています。

石油や石炭、天然ガスなど、限りあるエネルギー資源がなくなってしまうことを防ぐため、エネルギーを効率よく使うことをいいます。

引用元:ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)に関する情報公開について|経済産業省 資源エネルギー庁

具体的な対策として、住宅でエネルギーを消費する設備を、省エネ性能に高いものにすることが挙げられます。

省エネエアコンを使用したり、通常の電球からLED電球にしたりするのも、省エネ対策の一つです。

創エネ

創エネは、住宅でエネルギーを創り出す仕組みを言います。

わかりやすい例では、太陽光発電です。

ZEHでは、エネルギー消費を減らすだけではなく、エネルギーを創り出すことも目的としています。

結果として、創り出すエネルギーが消費エネルギーを上回ることうを目的としているのです。

ZEH住宅化の難点

ZEH住宅化の難点

ZEH住宅にするには、いくつかの難点があります。

ZEHが掲げられる前までも「省エネは大事」という考えはありましたが、実際に省エネ対策に取り組めたご家庭は少ないのではないでしょうか。

対策に取り組めない理由として、以下の理由が挙げられます。

  • 費用がかかる
  • 中古・築年数の古い住宅の場合、大規模なリノベーションが必要

それぞれのデメリットについて、具体的な例を解説します。

費用がかかる

ZEH住宅化や省エネ対策には、多額の費用がかかります。

設備一つを取り替える場合でも、決して安い金額ではありません。

たとえば、現在のエアコンから省エネエアコンに取り換える場合でも、省エネエアコン本体(6畳用)で約3~4万円、取り付け費用も考えると5~6万円かかります。

ご家族で暮らしている場合は、10~18畳用のエアコンが必要になるので、本体価格だけでも10~15万円+取り付け費用です。

さらに、部屋ごとに取り付けると考えると、30万円近くかかると考えられます。

大規模なリノベーションが必要

中古物件や築年数の古い住宅の場合、大規模なリノベーションが必要になります。

古い住宅は、元々断熱性の低い壁が使用されているためです。

たとえば、外気温0℃でエアコン設定20℃の場合、昭和55年基準の家では、以下のような室温になります。

  • 窓10℃
  • 壁16℃
  • 床16℃

最新のZEH住宅の場合は、プラス5~10℃ほど室温が上がります。

しかし、壁や床、窓などをリノベーションするには多額の費用もかかりますし、大規模な工事も必要です。

今すぐに対策を行うのは難しいでしょう。

手軽にZEH化できる窓ガラスフィルムがおすすめ

手軽にZEH化できる窓ガラスフィルムがおすすめ

中古物件や築年数の古い住宅でZEH化を進めるなら、窓ガラスフィルムがおすすめです。

窓ガラスにフィルムを貼るだけで、遮熱・断熱対策となり、夏場も冬場も効率的にエアコンを使用できます。

  • 遮熱……室外から部屋のなかへ熱を入れない
  • 断熱……部屋のなかから室外へ熱を逃がさない

大規模なリノベーションの必要なく、住宅に断熱性能を取り入れられます。

ZEH化というと難しいイメージですが、単純に「冬場の外の空気が伝わって寒い」「夏場にエアコンをつけていてもなかなか涼しくならない」とお悩みの方は、窓ガラスフィルムで対策してみるのも良いでしょう。

できる部分からZEH住宅へ

できる部分からZEH住宅へ

ZEH住宅化を目指すなら、まずできる部分から行っていきましょう。

完全なZEH住宅にするには、時間も費用もかかります。

エネルギー消費量と考えると自分事のように考えられない人もいるかもしれませんが、ZEH化は、単純に暮らしやすい家作りです。

弊社では、窓ガラスフィルムの施工を行っていますので、ぜひお気軽にご相談ください。

フォローする

     

筆者:澤田 岳典(さわだ たけのり)

窓ガラスフィルム施工。
1977年、千葉県野田市(旧関宿町)に生まれる。
2001年、東京国際大学を卒業
設備メーカー、ビール会社、保険業界を経て
2016年に窓ガラスフィルム施工「WORKS ZERO」を起業。
2020年に建築ガラス用フィルム施工技能士1級を取得。
アメリカ大使館、防衛庁、宇都宮大学、筑波大学等の公共施設をはじめ
オフィス、工場、個人宅を多々施工実績あり今では年間約150件の施工実績。
趣味は旅行、ドライブ、歴史好き、はじめたばかりのゴルフ。

窓ガラスフィルム施工
TOP