【目隠し対策の(スコッチカルフィルムJシリーズ・ブラック)千葉県千葉市】

千葉県千葉市でスリーエムのスコッチカルフィルムJシリーズのブラックを施工しました。

2階にあるバーの窓ガラスに目隠しフィルムを施工しました。
道路に面しているので室内が見えてしまうから目隠しをしたいとのご要望でご依頼を頂きました。

ガラス面がバーのカウンターの裏手になります。見えてしまうと外から見えてしまうので完全に隠れる不透明のJシリーズのブラックを施工しまた。

高さが床から1200ミリの仕様になっていました。
元請けさんがレーザーを用意してくれたのでそれで高さを出しました。
フィルムの規格が1000ミリですので左右で突き合わせ貼り(ジョイント貼り)を行っています。
このフィルムは経年劣化で縮む事がありますので10ミリぐらい重ねて貼ります。

今回のフィルムは目隠しが目的です。外から見えない事が目的です。

このスコッチカルフィルムは名前がフィルムですが実質はシートです。
普段のフィルムの様には施工が出来ません。
無理に引っ張ると破けてしまいます。押し出すように貼っていきます。
スキージーも強いとしわになる恐れがあるのでワイパーで仮圧着をしてから仕上げていきます。

施工後は元請けさんからVIPルームを素早く貼ってもらい工程が進んだと話していました。さらにフロア面はしわなく貼れて外からも見なくなったとお喜びの声を頂きました。

お客様のニーズをヒアリングして店舗と価格に合ったフィルムを施工しました。
フィルムを通して快適な空間にご協力出来て何よりです。

フォローする

     

筆者:澤田 岳典(さわだ たけのり)

窓ガラスフィルム施工。
1977年、千葉県野田市(旧関宿町)に生まれる。
2001年、東京国際大学を卒業
設備メーカー、ビール会社、保険業界を経て
2016年に窓ガラスフィルム施工「WORKS ZERO」を起業。
2020年に建築ガラス用フィルム施工技能士1級を取得。
アメリカ大使館、防衛庁、宇都宮大学、筑波大学等の公共施設をはじめ
オフィス、工場、個人宅を多々施工実績あり今では年間約150件の施工実績。
趣味は旅行、ドライブ、歴史好き、はじめたばかりのゴルフ。

窓ガラスフィルム施工
TOP