【飛散防止紫外線カットフィルム(リンテック)東京都世田谷区】

東京都世田谷区でリンテックの飛散防止紫外線カットフィルムを施工致しました。

今回の目的は紫外線カットフィルムになります。
施設ですのでガラスが大きいので複数人で施工をしました。
施工面積が大きい現場でも対応は可能です。
施工する窓ガラスが規格よりも大きかったので上下でジョイントをしています。
下のフィルムは定尺を横巻きに貼っています。
上のフィルムは余った幅で貼っています。

施工方法は普段と違って施工を行います。通常は貼りながらセパレーターは剥がしていきますがこれだけ横幅が大きいさガラスは先にセパレーターを剥がします。
セパレーターを剥がしながら筒になっているフィルムを伸ばしていく様に剥がしていきます。

フィルムを窓ガラスにのせてからは素早くセンターから左右に水を抜いていきます。そうしておけばセンターあたりがよれる事はありません。動かなくなる事の方が多いのでカット代ができたならその位置で決めてしまします。

施工後はお客さんから「フィルムが貼ってあるかわからない」「水残りがなくモヤモヤとしていない」と高い評価を頂きました。

これで紫外線対策ができましたと話していました。

これからもお客様のニーズに合わせて快適な空間を提供させて頂きます。

フォローする

     

筆者:澤田 岳典(さわだ たけのり)

窓ガラスフィルム施工。
1977年、千葉県野田市(旧関宿町)に生まれる。
2001年、東京国際大学を卒業
設備メーカー、ビール会社、保険業界を経て
2016年に窓ガラスフィルム施工「WORKS ZERO」を起業。
2020年に建築ガラス用フィルム施工技能士1級を取得。
アメリカ大使館、防衛庁、宇都宮大学、筑波大学等の公共施設をはじめ
オフィス、工場、個人宅を多々施工実績あり今では年間約150件の施工実績。
趣味は旅行、ドライブ、歴史好き、はじめたばかりのゴルフ。

窓ガラスフィルム施工
TOP