【寒さ対策】遮熱断熱フィルムの施工

東京都練馬区で個人宅に遮熱断熱フィルムを施工致しました。
冬の寒さ対策で施工をしたいとのご要望でした。
ご存じでしょうか?
冬、家の中の熱の流失は窓からが50パーセントを占めています。
ガラスをフロートガラスからペアガラスに変更するのも効果的です。
しかし、なかなかガラス・冊子を変更するのは難しかったりします。
フィルムには夏の暑さ対策と冬の寒さ対策の両方を兼ね備えたフィルムがあります。
今回はスリーエム製のLOW―E70を施工しました。
断熱フィルムは室内の熱を窓から外へ放出するのを妨げます。熱が逃げようとしたら室内へ戻してくれます。イメージは魔法瓶の様にゆっくりと熱を放出する感じです。
専門用語で熱貫流率と言います。普通のフロートガラス(3ミリ厚)の数値が6.0(W/㎡k)ですが断熱フィルム(LE70CLAR)の数値は4.6(W/㎡k)まで数値を下げる事ができます。
実際に施工した後のお声として「冷え込みが抑えられた」「ガラスに湿気の水滴が酷かったが減った」などのお褒めの言葉を頂きました。
特に寝室は寝衣になりますので施工をされる方が多くいらっしゃいます。
結露を完全になくす事はできませんが以前よりも減らす事はできます。
年齢を重ねると寒さが痛さに変わりってきます。
フィルムでより良い生活環境にご貢献できれば幸いと思っております。

LOW-E70(LE70CLAR) 12㎡ 180,000円

フォローする

     

お問い合わせ・ご相談はこちらから


お電話でのお問い合わせ

04-7161-3079

営業時間 平日10:00~19:00

筆者:澤田 岳典(さわだ たけのり)

窓ガラスフィルム施工。
1977年、千葉県野田市(旧関宿町)に生まれる。
2001年、東京国際大学を卒業
設備メーカー、ビール会社、保険業界を経て
2016年に窓ガラスフィルム施工「WORKS ZERO」を起業。
2020年に建築ガラス用フィルム施工技能士1級を取得。
アメリカ大使館、防衛庁、宇都宮大学、筑波大学等の公共施設をはじめ
オフィス、工場、個人宅を多々施工実績あり今では年間約150件の施工実績。
趣味は旅行、ドライブ、歴史好き、はじめたばかりのゴルフ。

TOP