台風対策!窓ガラスフィルムの効果や、対策せずに起こる危険性とは?

2019年9月、関東を襲った台風15号は、千葉県を中心に甚大な被害をもたらしました。

専門家は、「地球温暖化の影響で海の温度が上昇すると、より強力な台風が発生する可能性がある」と警告しています。

近年、こういった背景から、大切な命と住まいを守るための台風対策として、窓ガラスフィルムが注目を集めています。窓ガラスフィルムは、飛散防止だけでなく、飛散したガラスの破片による二次被害を防いでくれる役割もあります。

そこで今回は、窓ガラスフィルムの効果や、台風で窓が割れると起こる危険性についてお話し致します。

そもそも窓ガラスフィルムとは?

窓ガラスフィルムとは、窓ガラスに貼ることで様々な効果をもたらすフィルムのことです。

中でも台風対策として気になるのは、「飛散防止」の効果です。窓ガラスフィルムを貼ることで、万が一窓が割れた際に、ガラスの破片がフィルムに張り付いたまま保持するので、飛散を防ぐ効果があります。

窓ガラスフィルムの主な効果と種類

窓ガラスフィルムには、防犯フィルムや目隠しフィルムなど様々な種類があり、フィルムによって効果が異なります。

ただし、「飛散防止」と「UVカット」の機能は、JIS規格合格品の全ての窓ガラスフィルムに備わっています。

例えば、「人の目が気になるから」という理由で目隠しフィルムを貼る場合、目隠しの効果だけではなく、「飛散防止+UVカットの効果も得られて一石三鳥」になるということです。

窓ガラスフィルムのJIS規格合格品とは?】

日本ウインドウフィルム・フィルム工業会によって定められた基準をクリアしたもの。フィルムの引張り強さ・粘着力・フィルムの耐候性・ガラス飛散防止率・紫外線カットなど、「JIS A 5759 建築窓ガラス用フィルム」の試験に合格しているフィルム。

台風で窓が割れる原因の多くは「飛来物の衝突」

台風の影響で窓ガラスが割れる原因の多くは、「飛んできた物が窓にぶつかること」です。風圧だけで窓ガラスが割れることはほぼありません。

風で物が飛びはじめるのは、風速20〜25m/sを超えた時と言われています。よって、「台風の時には物が飛ぶ」という認識が必要です。ちなみに、2019年に関東を襲った台風15号の最大瞬間風速は57.5m/sを記録し、観測史上1位となりました。

雨戸やシャッターがあれば直接窓に物がぶつかる確率を減らすことができますが、マンションにお住まいの方は、外観を損ねる等の理由により、シャッターの取り付け自体できないことがほとんどです。

また、例えばシャッターを取り付けるとなると、腰高ガラス(80センチ×80センチ)2枚に対して40万円ほどかかります。同じ条件で窓ガラスフィルムの施工をする場合、価格は10分の1以下に抑えることができます。

「いかにコストをかけずに窓ガラスを割れにくくするか」

「万が一割れてしまった場合の飛散防止と二次被害のリスクを抑える」

これらのことを考えたうえで、「窓ガラスフィルム」を台風における窓ガラス対策としておすすめしています。

台風対策で「窓ガラスに養生テープ」は逆効果?

台風のシーズンが近づくと、SNSを中心に「窓ガラスに養生テープを貼ろう」といったことが話題に上がります。飛散防止や窓ガラスの強化を目的としたものと思われますが、これは大きな間違いです。

養生テープを貼ることによって、窓ガラス本来が持つ”たわみ”を消すことになります。たわみがなくなることで、強風や飛来物による衝撃の逃げ場を失い、逆に強度が下がって割れやすくなってしまいます。

また、下手なテープの貼り方では、割れた際のガラス片が大きくなってしまい、避難経路を確保できないなどの二次被害へと繋がります。

DIYで窓ガラスフィルムを選ぶ際は「JIS規格かどうか」を確認する

2019年に発生した台風15号の影響やDIYの普及により、ホームセンターなどでフィルムを買ってご自身で台風対策をする方が増えてきました。

たしかにご自身でやるDIYは、業者に払う施工代もなく安価に済ませることができます。ただし、市販の窓ガラスフィルムの多くはサイズが限られています。1つの窓に2枚以上のフィルムを貼ると、フィルム同士の境界線ができてしまいますので、どうしても見栄えが悪くなってしまいます。

こちらは厚さが300ミリを超える防犯フィルム。その厚さから、防犯だけでなく災害対策としても人気は高いが、慣れない人にとっては扱いが難しい。弊社が取り扱うフィルムは、全てJIS規格。

窓ガラスフィルムの貼付けにはそれなりの手間とコツが必要です。剥がす際も、失敗すると跡が残って窓が汚れてしまうリスクもあります。実際に「DIYしたけど逆にコスパが悪かった」という理由から、弊社に窓ガラスフィルムを注文されたお客様もいらっしゃいます。

台風で窓が割れると起こる危険性

台風の際に窓ガラスが割れると、以下のようなことが起こりえます。

1.ガラスの破片でケガをする

2.空いた穴を塞ぐのに時間がかかる

3.天井や屋根が吹き飛ぶ

前述の通り、台風で窓が割れるときは「飛んできた物が窓にぶつかった」というケースがほとんどです。外から飛んできたものによって割れるので、当然内側にガラスが飛散します。

また、飛散したガラスの破片によって穴を塞ぐのに時間がかかると、物が飛ぶほどの強風が室内に入り続けます。室内に入り込んだ風は、気圧の関係で上昇し続け、最悪の場合は屋根が吹き飛んでしまうケースもあります。

参照:【台風15・19号 千葉支援】耐久性が求められる屋根補修の手順

実際、2019年9月の台風15号で、特に被害の大きかった房総半島南部の沿岸部では、半年経っても修理できずにブルーシートで覆われたままの屋根が目立っていました。それほど多くの家の屋根が吹き飛んでしまったということです。

窓ガラスフィルムで台風の被害を最小限に

窓ガラスフィルムは、ガラスそのものを強化するのもではありません。ただ、万が一窓ガラスが割れてしまった際には、ガラスの破片が飛散するのを防いでくれますし、それによって起こる二次被害も防いでくれます。

DIYという選択肢もありますが、市販のフィルムの全てがJIS規格合格品というわけではないので、DIYをお考えの際には、一定の品質基準をクリアした「JIS規格合格品かどうか」を確認するようにしましょう。

弊社では、全てJIS規格合格品を取り扱っていますし、窓ガラス1枚分からの依頼も受け付けております。千葉県を中心に、関東全域どこでも駆けつけます。

お客様のニーズとご予算をお伺いして、「フィルム1枚で快適な空間のご提供」ができるようなご提案いたしますので、お困りの際はどうぞお気軽にご相談ください。

フォローする

     

窓ガラスフィルム施工
TOP