【目隠しフィルム・ピルビ70(GF1712)埼玉県川口市】

埼玉県川口市でサンゲツの目隠しフィルム・ピルビ70(GF1712)を施工しました。

施設での施工になります。
階段のガラスにフィルム施工のご注文を頂きました。
階段を上った時の女性のスカートが気になるとの事でした。

今回はフィルムの指定がありました。サンゲツのピルビ70(GF1712)です。このフィルムは透過率が73パーセントありますので明るさも取り入れる事ができます。
 
ガラスが平行四辺形ですので高さを長めにとらないと施工時にロスしてしまいます。ガラスの下辺はカットができないのであらかじめカットをしました。角度は分度器で測定をしてカットをしておき差し込む様にします。上面のカット・水抜きも鋭角が剥がれ、折れやすいので施工には注意が必要でした。

目隠しが目的ですが飛散防止効果があります。フィルムは紫外線を99パーセントカットします。日焼け対策にもなります。

お客様からはしっかり隠れているのでこれで安心して階段の上ることができるとお話されていました。

明るさも完全に隠すのではなく明るさか透けるので光沢がでていてきれいに仕上がったとお喜びでした。

窓ガラスは正方形、長方形がほとんどですが今までにも台形、丸形の施工をした事があります。こんなガラスだけと施工ができるのかなと思われたらご連絡頂ければと思います。

フォローする

     

筆者:澤田 岳典(さわだ たけのり)

窓ガラスフィルム施工。
1977年、千葉県野田市(旧関宿町)に生まれる。
2001年、東京国際大学を卒業
設備メーカー、ビール会社、保険業界を経て
2016年に窓ガラスフィルム施工「WORKS ZERO」を起業。
2020年に建築ガラス用フィルム施工技能士1級を取得。
アメリカ大使館、防衛庁、宇都宮大学、筑波大学等の公共施設をはじめ
オフィス、工場、個人宅を多々施工実績あり今では年間約150件の施工実績。
趣味は旅行、ドライブ、歴史好き、はじめたばかりのゴルフ。

窓ガラスフィルム施工
TOP