暑さ対策で遮熱フィルム(NANO80S)|施工実績:神奈川県横浜市

神奈川県横浜市でスリーエムの遮熱フィルムのNANO80Sのフィルムを施工しました。

介護施設で施工をしました。
窓ガラスが大きい為暑さ対策をしたい、エアコンがガンガンにきかせて温度を下げないと涼しくならない。さらに電気代の高騰が痛手になっています。
普段は扇風機を回していました。

遮熱フィルム(NANO80S)の効果とは

今回窓ガラスは南側に面しているガラスになりました。施工したフィルムのNANO80Sは暑さ対策の他に紫外線を99パーセントカット、防虫対策にもなります。
もちろんフィルムですので台風や地震の時の災害対策として飛散防止効果もあります。

施工後の変化

施工後は施工してあるかわからないとお話をされていました。ガラスがフィルムの規格サイズよりも大きかったので左右でジョイント貼りをしています。ジョイント部分は幅0.5mm開けて施工しましたがわからないぐらいになっています。

さらに現場を確認しましたら南面のガラスとは別に吹き抜け部分にもガラスがありました。そこから西日が入ってきますのでこちらも暑さの要因になると思われます。
この窓が数か所あります。高さが約5メートルの所にあります。足場を組んでばらして組んではコストが上がってしましますので外貼りのシルバーフィルムをご提案させて頂きました。
屋上から施工ができるので外貼りの耐用年数が短いですがこちらの方がコストは安く済みますと提案をさせて頂きました。

WORKS ZEROでは、お客様のご要望にあわせた施工をいたしております

今後もお客様のご意見・コストにあった最適なフィルムをご提案と施工をさせて頂き快適な空間を作ります。

サポート対象エリアについてはこちら

フォローする

     

筆者:澤田 岳典(さわだ たけのり)

窓ガラスフィルム施工。
1977年、千葉県野田市(旧関宿町)に生まれる。
2001年、東京国際大学を卒業
設備メーカー、ビール会社、保険業界を経て
2016年に窓ガラスフィルム施工「WORKS ZERO」を起業。
2020年に建築ガラス用フィルム施工技能士1級を取得。
アメリカ大使館、防衛庁、宇都宮大学、筑波大学等の公共施設をはじめ
オフィス、工場、個人宅を多々施工実績あり今では年間約150件の施工実績。
趣味は旅行、ドライブ、歴史好き、はじめたばかりのゴルフ。

窓ガラスフィルム施工
TOP