【プライバシー保護対策】外貼り可能な目隠しフィルムの施工

東京都文京区で目隠しフィルムを施工致しました。
プライバシー保護をしたいとのご要望でした。
隣のマンションや家が近くなり見られているのではと気になり
フィルムを施工したとのご依頼が増えています。
引っ越し時には間取りや日当りは確認をします。実際に引っ越しが終わった生活をするとリビングにいると隣の家の人が洗濯物を干している時に目が合って気まずいなど。
目隠しにも3種類があります。一つ目はマジックミラーのフィルムです。室内から見えますが外からはミラーになり見えなくなります。注意点は夜が逆転してしまう事です。二つ目はグラデーションフィルムです。グラデーションですので色の濃さは変化しますが外からは室内が見えにくくなります。三つ目がすりガラス調のフィルムです。ガラス一面に同じガラスのフィルムを施工します。
今回はすりガラス調のフィルムで施工をしました。別の部分が型板ガラス(凹凸ガラス)でしたのでそれに近いものを選定しました。
さらに今回は外貼り可能なフィルムを施工しました。
近くのマンションの方は紙でふさいだり、銀色の布みたいなもので塞いでいました。
見た目も悪くなりますし窓際が塞がってしまいます。
周りからの視線が気になった時にはフィルムがおススメです。

スリーエム マットクリスタル2 10㎡ 148,000円

フォローする

     

お問い合せ・ご相談はこちらから


お電話でのお問い合わせ

04-7161-3079

営業時間 平日10:00~19:00

筆者:澤田 岳典(さわだ たけのり)

窓ガラスフィルム施工。
1977年、千葉県野田市(旧関宿町)に生まれる。
2001年、東京国際大学を卒業
設備メーカー、ビール会社、保険業界を経て
2016年に窓ガラスフィルム施工「WORKS ZERO」を起業。
2020年に建築ガラス用フィルム施工技能士1級を取得。
アメリカ大使館、防衛庁、宇都宮大学、筑波大学等の公共施設をはじめ
オフィス、工場、個人宅を多々施工実績あり今では年間約150件の施工実績。
趣味は旅行、ドライブ、歴史好き、はじめたばかりのゴルフ。

TOP