台風対策・泥棒対策で防犯フィルム施工

台風対策・泥棒対策で防犯フィルム施工

千葉県木更津市で個人宅に防犯フィルムを施工致しました。
今回は工務店さんからのご依頼で施工をしました。

大体のガラスのサイズは聞いていましたが詳細はわからないので現場で測定しました。
防犯フィルムはミリ単位で測定します。
通常の飛散防止フィルムなどはガラスに乗せてからカットしますが防犯フィルムは300ミクロン以上ありますので床でカットします。

カットが難しく、平行、直角がでないと施工する時にガラスに乗らないと言う事が起ります。
曲尺を使いまして直角を出しそこから1辺を基準にして平行をだします。
カットも出来れば一回でカットしたいので1.5メートルか2メートルの定規を使った方が仕上がりもよくなります。

いつもは工務店の担当者の人が立会いますが今回は営業の人が立会いになりました。

防犯フィルムの施工の仕上がりでお客さんから「フィルムが貼ってあるかわからない」と高い評価を頂きました。
施工以外の部分で営業の方に高く評価を頂きました。

今後はすべての施工をあの会社にして欲しいと担当の人から連絡がありました。
施工の仕上がりが良いのは当たり前ですがそれ以外の所を意外と見られています。

そこをちゃんとしていると意識しているので評価してもらったのは嬉しいです
今後も協業してもらえるような会社を目指します。

フォローする

     

お問い合せ・ご相談はこちらから


お電話でのお問い合わせ

04-7161-3079

営業時間 平日10:00~19:00

筆者:澤田 岳典(さわだ たけのり)

窓ガラスフィルム施工。
1977年、千葉県野田市(旧関宿町)に生まれる。
2001年、東京国際大学を卒業
設備メーカー、ビール会社、保険業界を経て
2016年に窓ガラスフィルム施工「WORKS ZERO」を起業。
2020年に建築ガラス用フィルム施工技能士1級を取得。
アメリカ大使館、防衛庁、宇都宮大学、筑波大学等の公共施設をはじめ
オフィス、工場、個人宅を多々施工実績あり今では年間約150件の施工実績。
趣味は旅行、ドライブ、歴史好き、はじめたばかりのゴルフ。

TOP