吹き抜け等の高所作業(ハッスルタワー)

一軒家のリビングの吹き抜けに簡易足場のハッスルタワーを設置して高所作業の施工をしました。
千葉県我孫子市で飛散防止フィルムを施工しました。

2年前の千葉県を直撃した台風15号の影響で災害対策をしたいとのご要望でした。
特に台風15号は台風のまま千葉県に上陸したのは初めてです。最低気圧955ヘクトパスカル、最大風速45m/sでした。近年の温暖化の影響で台風が巨大化しています。
海水の温度が27度を越えていると台風になります。

近年のご自宅は開放感や光を多く取り入れたりとガラスが大きくなっています。さらにデザインを重視したリビングの抜き抜けになったいる事があります。家を建てる前は良いと思っていますが、実際に住んでみると暑い、周りから見られている気がする、そして、台風や地震の時の危ない!
天井まで5.4メートルありますので脚立や梯子で届きません。最大7メートルまでは施工が可能です。
台風でガラスが割れた時にガラスの破片で怪我をする事もありますが、それ以上に危険なのが外と室内の気圧が変化し室内に入ってきた風が天井を破壊します。最悪はその風が屋根を飛ばしてしまいます。
しっかりとした対策が財産や人命を守る事になります。

フォローする

     

窓ガラスフィルム施工
TOP